先週いきなり始めた私の長期投資プランですが、
豪ドル円を14万通貨ロングしたところで『円安介入』が起こり
豪ドル円は一時3円の上昇を見せました。
介入~といっても今回は日本単独の介入です。
最初は『ど~~ん!』ときますけど、徐々にその威力は薄れて行くと思っています。
なので、
差益が出たところで、海外FX業者でホールドしていた78.40円台の13万通貨
OCO注文や成り行きでいったん決済。
今はセントラル短資FXで9月10日に最初に仕込んだ77.79円の1万通貨だけになりました。
■セントラル短資FXのクイックチャート・トレードです
セントラル短資FXのクイックチャートトレード
上から1時間足・日足・10分足です。
長期足は一目均衡表と平均足です。
金曜日はや欧州の信用不安が再燃して81.29円を高値に80.36円まで下げました。
【1時間足】
1時間足の雲はまだ下にあり上昇の位置ですが、遅行スパン=ドラゴンは実線内まで下がってきました。
【日足】
ドラゴンが上から横向きになり、平均足も上ヒゲの陽線。
上昇トレンドが収まりそうです。
【10分足】
ここはボリンジャーバンドを表示させていますが、
チャート上にファンダメンタル情報を表示させ、そのをクリックすると内容が出るようになっています。
テクニカルだけでなくファンダメンタル要因も相場の動向には影響を受けるので
このツールは役に立ちます。(もちろん長期足でも設定OK)
当面、ドル円85円台キープと予想しています。
なので急激な下げはないと思います。(逆指値にかかるような)
逆に再び77円台に戻ってきたら、その時はロングの枚数を増やしていきたいですね。
■FXダイレクトのトレード画面です
セントラル短資FXのFXダイレクト
FXダイレクトでお勧めは『トレンドファインダー』ここでは様々な分析データを簡単に見る事が出来ます。
ここでは通貨ペア別相関係数というのを見ています。
ドル円と豪ドル円は7月22日を境に乖離しています。
ドル円がずぅと右肩下がりなのに対し、豪ドル円は安定しています。
【気になるスワップは?】
9月10日に買ってから1日92円をコツコツと貰い、756円ついています。
差益は+25700円
レバレッジは7.6倍から6.3倍に下がっています。
長期投資は差益を狙ったものではないですが、
今のところうまく運用していると思います。
このレベルでとりあえず10万通貨以上ポジションを上げた行きたいですね~
まだまだ円高のリスクも高く、だからこそ買いこみのチャンスともいえますが、
短期トレードとはまた違った投資の面白さがあります^^;
セントラル短資FXはスワップが高いだけではなく
色々な戦略を考えられるツールがありますので長期投資にはお勧めのFX業者さんです。
☆デイトレ情報はこちら→にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・(スイング派)へ
FC2ブログランキング☆FC2 Blog Ranking【為替】☆
スポンサードリンク