金曜日の為替相場はアジア時間から大きく動きました。
東京市場はドル円・クロス円が下落。
海江田さんの
『円高は日本だけではどうする事も出来ない』などの発言もあり、
円買いが急速に高まりドル円は一時82円割れを示現。
もう介入はないでしょう。
前日のNY市場も下落。
再浮上したユーロ懸念。
82.80円まで行った豪ドル円のレートが夜間に82.23円の買い指値が約定していた事に
危機感を感じなければいけませんでした。
■eTroの朝7時の私の豪ドル円のポジションです
eTroの豪ドル円ポジション11月12日朝
保有ポジションは21万通貨。
2932ドルの利益が出ていました。
しかし東京時間にどんどん下落。
要因は欧州通貨不安と中国株価急落です。
強いオーストラリアを支えているのは中国市場です。
その中国に悪材料が出てしまったので
欧州通貨よりも戻りが悪い結果となったのでしょうか。
やはり、ポイントは11月11日の豪州雇用統計前に
一度ポジションを閉じなかった事にあります。
日中、iPhoneから豪ドル急落のチャートを見ていた時は
案外冷静で、
「やはりそうなったか~」と思いました。
ハイレバレッジのポジションなので2~3円は許容範囲と考えていました。
海外業者を使っているので損切りも出来ませんね。
■帰宅後のチャートです
eTroの豪ドル円ポジション11月12日急落
2円の下落、-303ドル
すでに欧州通貨とともに戻り始めていました。
欧州時間は
アイルランド救済の見通しの噂からリスク回避の巻き戻しが活発となり
ユーロ円はここで下げ幅を埋める上昇を見せました。
豪ドル円の上昇はそこまでは行きませんでした。
(ナンピン買いもできませんでしたね~)
■取引終了後のチャートです
eTroの豪ドル円ポジション11月13日終値
+570ドルで引けました。
2円下がって1円戻った感じです。
日足チャートを見ると陰線に大きな下ヒゲで終わっています。
ボリンジャーバンドもミドルバンドにタッチしていますが、
この下ヒゲを転換のサインと見ていいのかどうか?
ポジションを閉じるまで利益が出ていても損失があっても
確定ではありません。
確実なのはわずかなスワップだけ^^;
今回の+3000ドルもよく考えると、たまたま上昇トレンドに乗っていただけ。
私のお手柄ではないので、獲れなかった事に関してはあまり気せず
次を考えたいと思います。
欧州がどうであろうと、中国がどうであろうと、誰かが何を発言したとしても
いつも今の相場が正しい!
頑張っていきましょう~!ヽ(`Д´)ノ
☆デイトレ情報はこちら→にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・(スイング派)へ
FC2ブログランキング☆FC2 Blog Ranking【為替】☆
スポンサードリンク