みなさん、こんにちは。

いよいよ今日から冬時間のスケジュールとなりました。

100年以上の歴史がある短資系のFX業者
セントラル短資FXのHPには様々な有益データーがありますが、
ちょっと目に留まったこのアノマリー
【月別平均上昇率・下落率】
これは各通貨毎に月別平均での上昇率と下落率・上昇回数の割合
グラフ化したものです。

①棒グラフ
棒グラフで表される平均上昇率と平均下落率は、
その月ごとの上昇率、下落率の平均を示しています。

②折れ線グラフ
折れ線グラフで表される上昇・下落回数の割合は、
その月ごとの全ての年数に対する上昇または下落した月数の割合を示しています。
①0%の時は上昇と下落の回数が等しく、
②プラスであればあるほど上昇した回数が多く、
100%だと過去すべての年でレートが上昇した事を示します。
③マイナスでも同様に下落した回数の方が多く、
-100%だと、すべての年で下落した事を示します。

■ドル円とユーロ円
セントラル短資のアノマリー

■ユーロドルとポンド円
セントラル短資のアノマリー2
この傾向は毎年ありますね。

特に8~9月は円高になりやすい、そして年末は円安傾向
私の感触では、今年のドル円は10月31日からトレードのリズムが変わってきた気がします。
・・・気がするだけだよ^^
今年もあと2か月を切りました。
ラストスパート頑張っていきましょう~\(^▽^)/

◎セントラル短資FXのHPへ→セントラル短資FX
スポンサードリンク