ひさ~しぶりに豪ドル円をロングしました。
私の長期投資のポイントは
『先進国・資源国・高金利』です。
そして
スワップポイントの高いFX業者でトレードしたいですね。
そこで、
100年の歴史のある短資系の業者、セントラル短資FXでポジションを持ちました。
現在のスワップ金利はどうなっているのでしょう?
(私はここ数年長期投資を全く行っていなかったので気にもしていませんでした。)
■FXダイレクトのスワップ金利表
FXダイレクトのスワップ金利表
私が長期投資をしていた頃(5年前?)はNZドル円のほうが高かった気がするなぁと思っていたら
オーストラリアがサブプライム危機後、もっとも経済回復の早い国である事が分かりました。
それにより、ここ数カ月毎回0.25%ずつ金利が上昇しているようです。
テクニカル的な買い要因は前回書きましたので
通貨としての豪ドルについて解説すると、
豪州はゴールドや石油、鉱物を持っている資源国通貨で
資源を買ってくれる大のお得意様は中国です。
中国と豪州。
現在の日経平均はこの2カ国の情勢に大きく影響を受けます。
私の東京時間の日経225先物トレードには中国と豪州のニュースは重要なんです。
東京市場と取引時間も近いことから、中・豪のニュースや要人発言、指標発表なども
カバーする事が出来るのも安心材料です。
(NY後場は寝てしまいますもんね)
■セントラル短資FXのクイックチャート・トレードです
セントラル短資FX豪ドル円ロング
豪ドル円の60分足と日足、ドル円日足です。
ボリンジャーバンドと一目均衡表、20EMAを表示させています。
日足では雲が転換してきました。隣のドル円日足と比べると随分違いますね。
豪ドル円1枚 77.97円でロング。
逆指値はGTCで 73.55円にしました。
これは8月に付けた安値の73.57円よりちょっと下のレートです。
とりあえず、ポジションは1万通貨だけロングしました。
証拠金は10万円スタートで、現在レバレッジは7.6倍です。
FXダイレクトにログインすると左上に現在のレバレッジというのが自動的に表示されるので分かりやすいです。
また、
セントラル短資FXのHPには『レバレッジ計算機』というのがあり
無料で使う事が出来ます。
■長期投資にはフィスコの通貨Whatcherも参考になります
セントラル短資FX通貨Wacher
これは先週分の豪ドル円の相場見通しです。
メジャー通貨のレポートはセントラル短資FXに口座をお持ちの方なら誰でも見る事が出来ます。
■FXライブ!でも売り買いのシグナルがチェックできます
セントラル短資FX FXライブ!
豪ドル円の時間足と日足のシグナルです。
このようにセントラル短資FXでは様々な情報を得る事が出来るので
長期投資の戦略が立てやすいと思います。
長期投資はゆっくり、コツコツ行きましょう~。
☆デイトレ情報はこちら→にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・(スイング派)へ
FC2ブログランキング☆FC2 Blog Ranking【為替】☆
スポンサードリンク