3万円からのFX投資生活

3万円からのFX投資生活 、FX超スキャルピング手法【ボリ平ドラゴン式】手法
ハイロウズOCO手法、バイナリーオプション、ビットコイン

更新情報

昨日の米ドル円は105円台へ ヨーロッパ時間は概ね小動き、注目の21:00発表のJPモルガン・チェースの決算は サブプライム関連の評価損13億ドルを計上 したものの想定内の結果の為、ほとんど動きを見せませんでした。 FX業者のマーケット情報でも動意がなかったせいか、あまり

昨日のデイトレは、最悪パターンでした。 ヨーロッパ時間で1ドル107円台半ばまで下げてからの参戦。 押し目買いが散発しているところのレンジ相場で、小刻みに利益を出していました。 しかしNY時間になり、急に下落トレンド相場へ。 22:30に発表の米小売売上高をマークする

今や私のデイトレには欠かせないFX業者となったFXブロードネット(FXTS)ですが、 他のFX業者の取引画面とはちょっと異なっています。 そこで、このFXTSを使いやすくカスタマイズしてデイトレしやすくする裏技を 書いてみようと思います。 カスタマイズと言ってもいたっ

アメリカは年明け早々から荒れ相場が続いています。 昨日の米相場は大きなトピックスが多くありましたが 軒並み悪い指標で米相場全体が下落、米ドルも悲観売りに押されて 今朝方6:30、ついに108円を割ってきました。(最安値1ドル=107.89円) ■22:30に発表の米雇用統計

年明けのアメリカ市場は悪い指数ばかりが目立ちます。 景気の拡大・縮小の節目である50を割り込んでしまったISM製造業景況指数は 03年4月以来の水準に低下しました。 その構成項目である ①新規受注指数は前月を大幅に下回る45.7 ②生産指数も45.7へ低下しました。 ③雇用は

日本が正月休みで休場している間、FX相場は大荒れ模様です。 昨日のNYはダウが一時250ドル近くまで下げたことで、再びリスク回避の円買いになり 1ドル109円20銭まで買い込まれました。 クロス円もそれに引っ張られて下落ムード。 そして、お正月休みの日本のではガソリ

皆さん、明けましておめでとうございます。 昨年はこのFXブログを立ち上げることが出来ました。 まだまだお伝えしたいことの10分の1も記事に出来てはいませんが すでにこのブログを『お気に入り』にしている読者の方も大勢いらっしゃって 本当に励みになっております。

NY外国為替市場でドルの対円相場は3日続落して始まりました。 現在1ドル=111円53銭前後です。 アジア、欧州市場でも上値が重く、じりじりと下がっていった感じです。 注目の米中古住宅販売件数ですが 市場予想平均を上回り 年率換算で500万件と前月比で0.4%増加しまし

先週から引っ張っているカナダドル円116.28買いのポジションに セントラル短資から携帯にワーニングメールというのが来ました。 『FXハイパー』取引口座の証拠金使用率75%以上となっております。 なお、為替相場の変動により必要証拠金率が100%以上となりますと 約款第1

いやー、ヤバイですねー 先週のドルの対円相場は大幅に続落しました。 今朝7時前に1ドル=112円28銭前後と14日以来の安値水準まで売り込れました。 112円も割るのではないかとビビリました。 これらの原因はやはり『サブプライム問題』です。 米商務省が28日発表した 11

今日は日本市場大納会の為、午前で取引が終了しました。 最終日の日経平均は15307.78(-256.91)と安値で引けました。 為替相場はドル円は短期筋がロングの投げがどーんと入り、続落。 私のロングしているカナダドル円も1円近く下げてビビッています。 日本は今日が仕事納

昨日の相場ではユーロ/ドルが約1ヵ月半ぶりの1.46ドル台へと上昇しました。 ヨーロッパ時間ではやや円安傾向のボラの少ないレンジ相場だったので コツコツとカナダドル円で 5PIPS ユーロ円で6PIPSと稼いでいたのですが NY時間に入り、 パキスタンのブット元首相暗殺の一報

クリスマスはまったくトレード出来ませんでした。 欧米ではお正月よりもビッグイベントなのでこのような時は無理してトレードしないことですね。 さて、クリスマス明け・・・ とはいってもオセアニア・ヨーロッパは休場の昨日のトレード NYに注目でした。 ヨーロッパ時間は

先週はいよいよ米ドル円が114円台を突破してきました。 長かったサブプライム問題ですが、解決にはまだ時間がかかるものの、 円高トレンドはいよいよ終わり、 多少の調整はありますが明らかに相場は 『円安基調』に変わってきています。 先週は緩やかな上昇気味のレンジ相場

待ちに待った【FXブロードネット】から今書留が来ました。 申し込みから3日で開設というスピードで満足です。 今HPにアクセスしたのですが、特に使いにくさは感じませんでした。 ここで足らないテクニカルチャートは別の所で補えばいいし、 スプレッドの狭さが売りなので、

夕べは3時までデイトレ頑張りました。 ずっと続いているレンジ相場(BOX相場)のコツ(レンジ幅)がつかめてきたので 大儲けはしていませんでしたが、ずっと小刻みに勝ち続けることが出来ました。 2日間でトータル13勝3敗です。 勝率はいいのですが、この3敗が夕べに集

FX業界でスプレッド1銭が最安値でしたが、それを超えるFX業者が現れました。 『FXブロードネット』です。 とにかくデイトレを主としているFXトレーダーはみんなFXTSに口座を開設しています。 10,000通貨だけでなく1,000通貨も同じスプレッド。 そして手数料無料 これはすご

業界大手のFX業者【FXCMジャパン】のデータなのですが、 FXの経験者は初心者・1年未満の人を含めて全体の 75%を占めているそうです。 確かに金融緩和がなされ、FXを現在のように個人でも自由に取引出来るようになったのは 1998年だったと思います。 その後、悪

米ドルが113円を超えてきてからずっと今週は 『レンジ相場』になっています。 意味無く上がったり、ちょっとの指標で大きく動下がったり・・・ あわてて損切りしたら、次の日には同じレートまで戻ってたりして・・・ ちょっとつられてあまりよくないトレードをしてしまい
『【レンジ相場】でのトレード方法』の画像

昨日の為替相場は米ドルだけが強い上昇。 しかも最近ずっと米株式相場と連動性の高い動きをしていましたが、 『米株式相場は下落しているのに米ドル為替相場は上昇』 という形でした。 それはなぜかというと・・・ 昨日22:30発表の『米消費者物価指数』 (コアー・前年比

【買いと利益確定】のタイミングについて説明したいと思います。 買いについては前回少し書きましたが、 最終判断は自分の勘みたいなものです。 しかし、テクニカルツールを駆使して出来るだけ勝率を上げていくのが目標です。 【買いサイン】 ■外為どっとこむ画面 ①15分

ツールの使い方について説明します。 私は買いポジションのデイトレのほうが得意なので、 特に 上昇相場で買われすぎている銘柄を探します。 ■外為どっとこむを開く ①15分足のチャートを開いて相場の勢いをみる。 ②移動平均線の3本がみんな上を向いている←カーブが急な

取引画面の設定2です。 前回の外為どっとこむのチャート設定だけでもいいのですが、 勝率を上げる為に念には念をいれて以下の設定を行います。 要はチャートを2分割以上出来る機能があるツール であればどれでも構いません。 ここでは『マネーパートナーズ』を使ってみます
『私のデイトレ手法③【取引画面の設定2】』の画像

それではデイトレ手法②にいきます。 例として【外為どっとこむ】の画面を開きます。 外為どっとこむはIDとパスワードを保存出来るので 素早くチャートを開くことが出来て便利です。 そして最低保証金が0円なのでお金を入金しなくてもサービスが受けられます。 では外為

さまざまな試行錯誤を繰り返しながら やっと自分なりのトレードスタイルが出来てきました。 私の『デイトレ手法』はいたって簡単で誰でも出来る方法だと思います。 FX相場にあまり詳しくなくても稼げる方法としてちょっと工夫していると思いますので、 是非参考にしてくだ

だんだん円安基調になってきましたね。 今日のデイトレは2回でした。 ターゲットを24:00発表の 米)ISM非製造業景況指数に絞ってエントリーしてみました。 その前にユーロ円が好調だったので 162.26買い-162.37売りのスキャルで+1100円 そしてむかえたISM非製造業景況指数

昨日は日本やヨーロッパの株式相場が下落、軟調地合だったのを受けて NYも為替相場はリスク回避のために全体的に下落しました。 先日、ポールソン米財務長官がサブプライムローン問題で 『影響を受けた借り手の救済案をまとめる』と言ったたにもかかわらず、 信用不安は消

1000通貨で【デイトレ・スキャル】をやる時に取引をしているFX業者は ヒロセ通商ですが、 実はテクニカル分析やリアルタイムニュースなどは別のFX業者を利用しています。 私のデイトレ手法の段取りを説明します。 まずは ■ヒロセ通商のFX-2ミニ口座の取引画面を開

スワップ派からデイトレ派へ・・・ サブプライム以前はたまにやっていたのですが、 資金もなくなってきたのでまずは1000通貨で練習です。 こんな時にありがたいのが ヒロセ通商のFX-2ミニ口座です。 ヒロセ通商HPへ→1,000通貨からできる外貨取引 スワップ用のトルコ

昨日の米株価は前日とあまり変わりない水準での推移でしたが、 日本やヨーロッパの株価が大きく上昇しました。 それを好感して、たまりにたまった円安パワーが炸裂して、ドル円もクロス円も上昇しました。 朝方のバーナンキFRB議長の講演の内容で利下げの可能性が大きくなっ

昨日の為替相場は こう着状態からヨーロッパ時間はやや円高気味で推移しました。 22:30に発表があった10月の 『カナダ鉱工業製品価格指数』が 前月比(1.1%)低下し、市場予想平均の(0.5%)低下を下回りました。 10月の 『原料価格指数』は前月比(0.3%)上昇、しかし

NYダウ終値は上昇で引けました。 プラス215.00の12958.44ドルで米ドル円は108.94円と昨日の107円台前半の 値がウソのようです。 昨日のアメリカの株式市場が堅調であったことを受けて日経平均寄付きもプラスでスタート しています。 ■ベージュ・ブックに注目です。 今日

今朝の外為相場はNYが大きく下落して再び107円台に急落したので、 東京市場も下げると予想していました。 朝方はその通り下落ムードで107円前半で推移。 手を出さなくて良かったと思いきや、昼過ぎにこんなニュースが飛び込んできました。 『アブダビ投資庁(ADIA)がシティ

FXをやっていると 【クロス円】という言葉がよく出てきます。 私は小額投資なのでこのクロス円の中でも スワップの高いマイナー通貨取引を やっているのですが、 毎日、『アメリカ市場と米ドルの動向』だけはチェックしています。なぜでしょうか? クロス円とは円とは直

たとえ、小額投資でも投資スタイルの確立が必要です。 それぞれ長所、短所がありますが、 自分のスタイルにあった投資法をまず見つけるとこです。 ■短期派=スキャル、デイトレード派 ①負けを早めに認めて損切ることが出来るかどうか・・・ ②利益を追求して追いかけず、

↑このページのトップヘ