ビットコインの取引はブロックチェーンという技術で作られています。これをビジュアル化したのがビットフライヤーchainFlyerです。
bitFlyerチェーンフライヤーb
ビットコインの取引は24時間休みなく続いています。その取引はすべてオープンになっているため、
どこからでもリアルタイムで現在の状況が見えます。

ブロックチェーンは1本の鎖につながれた箱が連なっています。現在の箱は46万番台。
1つの箱は約10分ごとに承認されます。チェーンでつながれているため、箱の順番は変えられませんが、承認スピードが若干異なるので、箱の完成は前後します。

<ジェネシスブロックとは?>
右側に常にある黒い箱は「ジェネシスブロック(Genesis Block)」と言ってビットコインの発明者ナカモト・サトシ氏が最初に採掘したもの=Block0と呼ばれる最初の箱です。

bitFlyerチェーンフライヤーアイコン
↑上から降ってくる取引にはそれぞれアイコンがあります。???マークはなぞ
マイニング情報
↑地下にはマイングおじさんがいて、一生懸命ビットコインの採掘をしています。
ビットコインの取引量が増えると、採掘の動きが早くなるのでわかりやすい

bitFlyerチェーンフライヤー
↑現在取引中(承認中)の箱「463504番」をクリックしてみます。


bitFlyerチェーンフライヤー取引データA
↑箱に入っているすべての取引データが見られます。アドレスはハッシュ関数というランダムな数字に変えられているため、個人を特定することはできないので安心。

このようにブロックチェーン技術によって「ビットコインの歴史=すべての取引データがオープン」になっていて、改ざんできない仕組みです。これはすごいね~

◎チェーンフライヤーの検索窓に私のビットコインアドレスを入れてみます。
bitFlyerチェーンフライヤー2014A
↑アドレスに記録されているすべての取引データが出てきます。そこから1つの箱を選択「280336番」これを開けてみたら2014年1月14日の取引が出てきました。ブロック報酬は25BTC。(現在は半減期を経て12.5BTCに)かなり環境が違いますね。
このアドレスがあれば、私が ”にわかBTCトレーダーじゃないよ~”という証明にもなります。

■スマホでも確認できます!
bitFlyerチェーンフライヤースマホ
↑PCで出来る事はスマホでも出来る。
ビットフライヤーのブロックチェーン研究所はスマホでも見やすいですね。

チェーンフライヤーは誰でも利用可能です(bitFlyerに口座をお持ちでなくてもOK!)
ぜひ活用してみてください。

■スマホアプリもバージョンアップ!「bitFlyer」
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:* *:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*
  にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ