今年に入って「リップル」が話題となったのは、東京三菱UFJ銀行がRippleを利用した国際送金サービスの開始を発表。(現在までに世界中で70社以上がリップルシステムのグローバル送金ネットワークに参加を表明しています。)

仮想通貨としてのリップルよりも、送金の速さや利便性が高く評価された結果、現在の急騰劇の要因につながったと推測されます。

■9円からリップル参戦
私がリップルを購入したのはGW(ゴールデンウィーク)
リップルの最初の高値:1XRP=8円を上抜けたところで、相場が変わったと判断し、
1BTC=19万円に上昇したビットコインを売ってリップルを購入。その時はまだ9円でした。

その後上昇の威力は衰えず、10円超え、15円超え、20円超えとすごいスケーリングで上昇。
最初に安く買ってしまうと、高値感が強くてなかなか買えない。。。

数か月前に1XRP=0.5~0.8円で買った人は、ここで売っても大成功でした。
しかし、微妙な9円台は増資しないと乗り遅れ感があったので
「高値掴み」を承知で最終的には、1XRP=27円まで購入。
そこから今日まで27円に届くことはなかったので、ここでやっと一安心です。

■リップル円の日足チャート
リップル円コインチェック515
5月に入り、相場が大きく動いたことが分かります。

次なるターゲットは1XRP=30円
ここはしっかり抜けてほしいと思います。


■本日の仮想通貨変動率(coincheck)
リップル円515オルトコイン
今日一番上昇したのはリップル(12.20%)次がイーサリアムの2つ。
この2銘柄はビットコインに次ぐ、第2位と第3位の銘柄。(特にリップルの上昇が目立ちます。)


■スマホで常にチェック!
リップルスマホ515

↑今回のリップル急騰でcoincheckの資産が約2倍になりました。
【coincheck】コインチェック
のおすすめポイントは、
「仮想通貨がスマホアプリで簡単に売買出来る事」

コインチェックのオルトコインは「取引所」ではなく「販売所」で購入するのと同じです。
銘柄を見て、「買うか・売るか」を決めてボタンを押します。

コインチェックは取引所ではないため(売買相手がcoincheck)売り・買いのプライスが割り高になるケースもあります。

私の場合、リップルの専用取引所:GW(ゲートウェイ)でも購入しています。
GWでのripple購入はややわかりにくいのですが、おすすめは東京JPY発行所です。➡東京JPY発行所

オルトコインの値上がり期待と、かんたん売買を考えるならcoincheckがおすすめです。
【coincheck】コインチェック
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin


ビットコインをはじめとする仮想通貨の上昇期待はまだまだあります。


*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*
  にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ