仮想通貨取引所大手のコインチェックが外部からの不正アクセスにより、580億円分のNEMが盗まれた事件について、昨夜コインチェック側が記者会見を開きました。

580億円分の流出は史上最大のGOX事件だそうです。(Mt.GOXは470億)ただ、当時とは仮想通貨全体の時価総額も銘柄も規模が異なるため、Mt.GOXと比較するのはどうかとは思いますが、仮想通貨市場を揺るがす大きな事件となりました。

・日経新聞電子版➡コインチェックの仮想通貨不正流出、過去最大580億円
・東洋経済オンライン➡コインチェック、人材不足でシステムに大穴

コインチェックの最大の問題点は、NEMを「コールドウォレットで管理せず、ホットウォレットのみで使っていた」という事。

コールドウォレットの場合、ネットから完全に切り離されたスタンドアローンのPCで管理するため、内部情報が漏洩されなければ安全なはずです。しかもシングルシグではなく、マルチシグにしておくことで、秘密鍵も複数必要になり安全性が高まります。~というか取引所ではコールドウォレット&マルチシグが必須だと認識していました。

コインチェックを含め、これを導入していない取引所が他にもあれば、自主規制団体や金融庁から厳しい指導があると思われます。

・JBA(日本ブロックチェーン協会)➡コインチェック株式会社からの仮想通貨の不正送信について
・JCBA(日本仮想通貨事業者協会)➡仮想通貨の不正流出防止の緊急対応について


このようにコインチェックはハッキングされやすいホットウォレットのみでNEMの取引を扱っていたため、狙われたと思われます。


現在コインチェックではすべての取引、入出金を停止し対応に当たっていますが復旧を含め、今後の動向は不明です。

それに対し、NEM財団からすこし明るいニュースが出ました! NEM財団により、流出した資金をタグ付けして監視、これによりハッカーもNEMを容易に動かせないという状況にあります。NEMという仮想通貨には何の問題もありません、ここはひとつNEMチームに期待したいところです。


私自身、コインチェックにはかなりの資金(ほとんどリップルとすこしリスク)が入っています。コインチェックの動向は今後も見守っていきたいと思います。

■1月28日続報
コインチェックから新たな発表がありました。


コインチェックでNEMを保有していたユーザー26万人にその時点でのZaifの価格で補償するという発表です。これによりNEMユーザーは”88円でNEMの利益確定”になってしまいますが、資金が返ってくるという事はひとまず安心要因ではないでしょうか?

総額 : 5億2300万XEM 
保有者数 : 約26万人 
補償方法 : NEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金

コインチェックの今後については課題が多いですが、事件発生からわずか2日でのこの対応は良かったです。(ある意味それほど儲かってるってこと?)このニュースによりNEMは急騰、仮想通貨全体が上昇しています。

仮想通貨市場はまだまだ未成熟ですから投資家サイドも経験を積み、知識を深めていく必要があります。そしてこれを教訓に業界全体で体質改善・強化を行ってほしいと思います。


スポンサードリンク