とめさんからのご質問にお答えして
私のMT4(ODL JAPAN)でトレードしているFXとCFDのチャートの解説をしたいと思います。
私の主な取引は
「NYダウと日経225とドル円」ですが、正式銘柄は業者によって違います。
【NYダウ】
NYダウ⇒DJ30(Wall Street Index Futures) 
    (ウォールストリート30種)

Futuresとあります。これは『先物』のことです。
なので
『NYダウ30種株価指数先物』ということになります。
(Twitterではみんな「ダウ先」と呼んでいます^^;)

【日経225】
日経225⇒Nikkei Index Futures
        (日経225)
こちらは『日経225株価指数先物』の事です。
■ODL JAPANのCFD銘柄一覧です
ODL JAPAN CFD銘柄

他のお勧めは
・ドイツDAX指数(DAX Futures 30 Index)
・S&P500(US S&P 500 Index)
などです。
ナスダック100もやったことがあります。(Nasdaq Index Futures)

どれもボリ平ドラゴン式のチャートでトレードチャンスに
エントリーしただけなのであまり銘柄にこだわりません。
(為替と同じような感覚で出来ました)

■MT4で銘柄一覧を出す方法
ODL JAPAN 通貨ペア一覧
ナビゲーターウインドウの銘柄一覧のところで右クリックします。
全通貨ペア表示(S)を選択すると、
通貨ペア一覧にずらっと出てきます。
また
『通貨ペア一覧』を選択すると
銘柄別(グループ別)の一覧表を見ることが出来ます。


■GCI FinencialのMT4の銘柄一覧です
GCI Financial MT4 銘柄一覧

ありとあらゆる世界中のCFD銘柄がそろっています。
もちろんFXも同じプラットフォームでトレード出来ます。
前々から気になっているForex Futures(FX先物)
これは日本にはない商品ですね。

また、今だからこそ取引したいのが
香港株式市場のインデックス『ハンセン指数』です。
GCIならトレード出来ます。
香港市場には多くの中国の大型国有企業が上場しています。
これから伸びる中国経済を先取りしてのトレードです♪
MT4なら日本も海外も使い方は同じです。

ボリ平ドラゴン式も使えます。
先ほどブログに書いたようにODLのレバ規制導入は他の業者より速く始まってしまいます。
CFDは現状は規制対象外ですが、FXは規制されてしまいます。
もし、ドル円やユーロドルにトレードチャンスが来た時に自由にトレードが出来ないと困ります。
そこで、実は
ODLから資金を海外に移して「GCI Financial」と「FXCM UK」でCFDとFXのトレードをして行こうと思っています。

日本ではまだまだ情報量が少ない分野ですが、
だからこそ、ビッグチャンスが眠っているはず~!
このブログはかなり先を行っていると思いませんか~?
(ついてきて下さいね^^;)
スポンサードリンク