MT4はバイナリーオプションの投資判断にも使えます。
そこで、おすすめなのがスマホアプリで見る「MT4」のチャートです。

バイナリーオプション取引でチャートを見るだけの用途ならMT4の無料のデモ口座で十分。(もちろん、このままFXの取引にも使えます。)

○前回記事➡これさえあれば大丈夫!【スマホ版】MT4の使い方Part1

⑦チャートをカスタマイズ
MT4チャートインジ追加
初期チャート画面を縦にした形。

画面上をダブルタップすると
・トレード
・インジケータ
・オブジェクト
・設定
のウインドウが出ます。
 
⑧チャート色変更とボリュームの追加
チャートの設定
まずは「設定」へボリュームをONにします。

ボリュームは「出来高」のようなもの。FXは「取引所取引」ではないので「出来高」はありませんがそれに近い形で売買の大きさがわかります。
 
⑨カラーを選択
MT4チャートインジケーター色変え11 ←好きな色を選びます。
チャートを見やすく色のカスタマイズをします。

<私の方法>
①グリッドをあまり目立たせない。
理由:実際のローソク足やインジケーターのラインが見えにくくなるため
 
②ローソク足の色をそろえる
・上昇バーと上昇ローソク足の色①①と
・下降バーと下降ローソク足の色②②を
同じような色にするとキレイに見える。
色に関しては、自分が見やすいように工夫してみて下さい。
 
⑩インジケータのカスタマイズ
今度は「インジケータ」を選択
ダブルタップで変更画面を出す方法のほかにも、上にある「f」フォルテマークをタップしてもOKです。
 
⑪ウインドウを削除
インジケーターウィンドウ削除
インディケータウィンドウ1(サブチャート)を私は使わないのでデフォルトで入っている「RSI」ごと削除してしまいます。
 
 
⑫メインウインドウにインジケータを入れる
MT4チャートインジケーター⒑
「メインウィンドウ」の文字をタップすると、さまざまなテクニカル分析ツール(インディケータ)が現れます。

私のFX手法は「ボリ平ドラゴン式」という『ボリンジャーバンドと一目均衡表』を組み合わせたオリジナルなのですが、さすがにMT4のスマホ版では作れません。(PCには実装可能)そこで
・ボリンジャーバンド
・一目均衡表
のいづれかをトレードに使っています。(それ以外のテクニカルはほとんど使いません。)

私が”ドラゴン”と呼んでいる=遅行スパンが使える「一目均衡表」を選択します。

あとちょっとで終わります。もう少しお付き合い下さい^^
次回は「一目均衡表を見やすくカスタマイズ」
そして完成!となります。('-^*)/
これさえあれば大丈夫!【スマホ版】MT4の使い方Part3

MT4はインストール無料!

◎スマホでも出来るMT4おすすめFX業者

FXトレード・フィナンシャル


スポンサードリンク