今日はMT4のチャートを自分の見やすいスタイルに設定する方法です。
デイトレでは一瞬の判断が勝負の時があります。チャートを読み間違えると命取り。なのでどのFX業者のチャートもなるべく自分の慣れた形にしたいものです。

■MT4チャートのカスタマイズ方法
MT4チャートカスタマイズ1
①メニューから「チャート」を開き一番下の「プロパティー」とクリックします。
①-2(別の方法)
カスタマイズしたいチャート上で「右クリック」
一覧の一番下に「プロパティー」が表示されます

☆複数チャートを使っている人はこの方法がいいかもしれません。
MT4チャートカスタマイズ2
【クリックすると画面が大きくなります】
このような画面が出てきます。ここには2つのタブがあります。

■左側が「色の設定」です
①まずはサンプルチャートの右上のタブ「基本配色」を決めます。
配色は3種類
・Yellow on Black⇒背景:黒 チャート:黄色
・Green on Black⇒背景:黒 チャート:緑
・Black on White⇒ 背景:白 チャート:黒
初期画面では緑になっています。めんどくさい人はこの基本配色だけでもOKですね。

②チャートを「自分色」に変えたい人
赤○で囲った所でそれぞれのパーツの色を左側のサンプルチャートに反映させながら見やすい色に変えていきます。
☆特に注意をしたいのが上昇・下降のローソクの色です。
私は『上昇⇒赤 下降⇒青』で慣れてしまったので最初のうちは神経質に全部このカラーに変えていました。

■右側のタブが「全般」です。
ここをクリックするとこのような画面になります。
MT4チャートカスタマイズ全般
ここでさらにチャートを細かく設定していきます。

①チャートの自動スクロール
初期画面ではここにチェックが入っています。
これはチャートが更新されると自動的に最新のローソクが右端に登場します。というか、いわゆる「リアルタイムチャート」の設定です。過去のデータをたどりたい人=ヒストリカルチャートの設定
にしたい方はここをOFFにしてください。
ちなみに
「チャートの右端移動」を選択するとチャートの右端に▼マークが登場しますからこれを移動させるとチャートがスライドします。

③ローソクの種類
ここで、「バー・ローソク・ライン」の3種から選択できます。

④スケールの固定
スケールを固定してしまうと私のように複数の時間足チャートを同時に表示させるとスケールが時間によって全く合わないので固定しません。

⑤出来高の表示
MT4で定義される出来高=Volumeとは株の出来高とは違って実際の取引高ではなくティックの回数ですFXは株のように取引所が存在しませんので全体の出来高はわかりません。なので特に株トレード出身の方は注意してください。

スポンサードリンク