おはようございます。

「朝」は強いほうではないのですが、
今週の為替相場は
比較的「朝方」にもよく動くので

「早起き」頑張ってます!


為替相場で投機的な動きをするのは「NY時間」


■相場が変動しやすいNY市場
時間的には2つあります。
「スタート」か、「クローズ」近辺

ここが比較的
短期トレードの場となっています。

夏時間なら、ちょっと遅くまで起きていて
寄付きをトレードするのがいいのですが


1時間遅くなる冬時間は
逆に早寝早起きをすると「NY引け」の取引が出来ます。


NY株式市場 クローズ:AM6:00
NY市場クローズ:AM7:00


特に今週のNY株式市場は
ギリシャ問題と原油安で大荒れ。

その調整なのかどうか、わかりませんが、

ここ数日
こんな特徴があることが判りました。


GMOクリック証券のプラチナチャートです。


週明け、1月5日(月)は
AM7:00からユーロドルが大きくギャップダウンして始まりました。
(前回記事参照)➡月曜寄り付きユーロドルは窓埋まらずに欧州相場へ


そのつづきAM8:00のチャートです。

 


■1月5日(月)ユーロドル1分足 AM:8:00
1 5GMO 800EUR 


それをふまえ、、、翌日はドル円

 


■1月6日(火)ドル円1分足 AM8:00
1 6 GMO800ドル円
7:30~40にかけてダダダ~っと急落しています。


今朝はユーロドル



■1月7日(水)AM8:00
1 7 GMO800EUR
今朝は「7:06~07」の間に
ユーロドルがストン!と落ちました。

ここが2006年3月以来の安値でした。


この「冬時間:7時~8時」というのは
NY市場が引けて、翌日相場が始まる、
実質的な日付変更線がある場所です。


FX業者では
7時から1~2分メンテナンスが入ります。


7~8時相場は
NYの居残りトレーダーがいる事もあって
明日の相場を占う動きだとも言われています。


日経225先物のナイトセッションのようなものでしょうか(笑)



という事で、
明日のこの時間帯も

こんな急落場面があるかもしれません。


寒い冬の朝は嫌だけど、
「早起きは三文の徳」かもよ~(゚ー゚)ニヤリ





  にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ



3万円からのFX投資生活 Facebookページ
3万円からのFX投資生活 Google+1ページ


 
スポンサードリンク